少し古い論文ですが、食物と静脈血栓症の関連性を調査した下記の論文を紹介します。以前から探していたのですが、意外にこのような論文はみつかりませんでした。日本語の説明は会員限定ページに公開しています。魚を多く摂取し、肉食を減らすと静脈血栓症の頻度は減少する可能性があるようです。英語なんですが、論文はフリー入手できるようですので是非ご一読下さい。

Greater Fish, Fruit, and Vegetable Intakes Are Related to Lower Incidence of Venous Thromboembolism The Longitudinal Investigation of Thromboembolism Etiology

「大きな魚や果物、野菜摂取量は静脈血栓塞栓症の発症率の低下に関連する血栓塞栓症病因の経時的調査」

(Steffen LM, Circulation. 2007; 115:188-195)